Amazon_728x90

2018年3月27日火曜日

1198.「成功者の自分の時間研究」 上野 光夫

「自分の時間をひねり出す方法」と「自分の時間の活用方法」を伝えることが本書の目的と最初に前置きしてあります。

「たしかに6時間を確保することが誰にでもできることがわかったきました」そうです。

読み終えたところ、確かに「自分の時間の活用方法」については語られていますが、「自分の時間をひねり出す方法」、特に「6時間を確保する」方法は説明されていないように感じました。

また、「自分の時間の活用方法」についてはいいことが書かれていますが、どこかで聞いたことがある内容ばかりで、独創性は感じられませんでした。

このテーマの自己啓発本を初めて読む人にはよい入門書です。